1510clippy /目立たない矯正

1510clippy目立ちにくい矯正装置での治療システム

矯正装置は目立つ印象があるかもしれません。しかし、さまざまな医療技術や素材が開発されている今日、目立ちにくい矯正装置の選択も可能です。こちらではマルチブラケット矯正装置「クリッピーC」をご紹介します。

3M クリアティ アドバンス セラミック ブラケットとAPC Flash-Freeアプライアンス システム

高い審美性とロープロファイルと強度の両立

高い審美性とロープロファイルと強度の両立

クリアティブラケットは、きめ細かいセラミック素材で作られているため、素材の強度が増すだけでなく、デザインのフレキシビリティが向上するとともに、口腔内で着色しにくく、治療中もセラミックの美しさが保持される高い審美性と強度を兼ね備えたロープロファイルブラケットです。

なめらかな表面と丸みを帯びたデザインとロープロファイル設計は口腔内での刺激と咬合干渉を軽減します。また、ボンディングベース(接着)面に施された形状により、ブラケットの近遠心を圧縮することでディボンディング(装置の撤去)が容易に行えます。

シンプルかつ効率的なブラケット(装置)の装着

ブラケット(装置)の装着に際しては、ブラケットベース(接着面)に液状の接着材を染み込ませた不織布ファイバーを貼付したクリアティブラケットを用いる3M APC Flash-Freeアプライアンス システムを採用しており、余剰接着材の除去、そして接着材の塗布も不要となります。

従来のタイプの接着材でのブラケットの装着では余剰な接着剤の除去が必要となり、ブラケットと歯面の間にギャップが残ってしまい、その部分に食渣(食べかす)が溜まったり、プラーク(歯垢)の形成の元となりえます。
アプライアンス システムを採用したブラケットでは、装着の際にブラケットと歯面の間に均等な量の接着材が入っているため、ブラケットと歯面の間にギャップを作らないので、カリエスリスクを減少させるとともに装置が脱落するリスクが低くなります。

3M クリアティウルトラ セルフライゲーティングブラケット

3M クリアティウルトラ セルフライゲーティングブラケット

機能性と審美性を兼ね備え、効率的な治療を可能にする新たなパッシブセルフライゲーティングブラケットです。ワイヤーやブラケット(装置)にかかる摩擦力を抑えたセルフライゲーティングブラケットでは、より弱い力で効率よく歯を動かすことができ、治療期間を短縮することが可能です。セルフライゲーティングブラケットによる治療では、弱い力で効率よく歯を動かすため、治療中の痛みが少ないのも大きなメリットとなります。歯にかかる力は従来より少ないため、大きな痛みが発生しにくくなります。
クリアティウルトラ セルフライゲーティングブラケットは多結晶セラミックを使用しているため、高い強度と審美性を有する半透明で着色しにくいブラケット(装置)です。また、ロープロファイルなデザイン形状により、装着時の不快感の軽減を図っています。

さらに、APC Flash-Freeアプライアンス システムを採用しており、シンプルで正確なポジショニングにより、短時間で適切なブラケット(装置)装着が可能です。ブラケット装着の際に接着材の除去が不要なため、ブラケットと歯面の間にギャップを作らず、カリエスリスクを減少させるとともにブラケットが脱落するリスクが低くなります

マルチブラケット矯正装置の特徴
目立ちにくい

金属製のブラケットとは異なり、歯の色になじむのであまり目立ちません。それは、セラミックは変色しにくいうえ、ワイヤーを通すバネ部分の金属キャップは白色系の金属「ロジウム」でコーティングしているからです。

痛みを抑える

従来のワイヤーとブラケットを固定する矯正システムとは異なるセルフライゲーションシステムです。ワイヤーとブラケットを固定すると生じる摩擦抵抗による力がかかりにくいので、比較的弱い力を継続してかけられます。そのため痛みの軽減につながるのです。

スムーズな歯の移動

スムーズな歯の移動

ワイヤーとブラケットの間にゆとりがあるので、摩擦抵抗や歯への負担が小さく、歯を動かしやすいのが特長です。歯に継続的に弱い力を加えられるのでスムーズな移動を促し、治療期間の短縮につながります。

目立たない矯正装置のQ&A

歯並びはきれいにしたいですが、治療していることを気づかれたくありません。方法を教えてください。
「矯正歯科治療」というとイメージするのは、金属製のブラケットを歯面に装着し、金属製のワイヤーを通すメタルブラケットだと思います。これは白い歯面の上にあるのでとても目立ちます。しかし、今ではさまざまな矯正治療の素材が開発されており、目立ちにくい治療法の選択が可能です。上記のマルチブラケット矯正装置(クリッピーC)もその一つです。お気軽にご相談ください。
矯正治療は痛みますか?
歯に強い力をかけると痛みやすいですが、弱い力で治療をすると痛みの軽減につながります。痛みの感覚は一人ひとり異なりますので、「まったく痛くない」という治療は難しいですが、痛みをできるだけ小さく抑えるさまざまな矯正治療システムがあります。お気軽にご相談ください。

こんな方におすすめ

  • 目立ちにくい矯正治療がしたい
  • 痛みをできるだけ小さくしたい
  • 少しでも治療期間が短いほうがいい など