トップへ » 受け口の方(下顎前突)

受け口の方(下顎前突)

受け口の方(下顎前突・反対咬合)受け口の方(下顎前突・反対咬合)
下顎前突は一般に「受け口」といわれ、咬み合わせが逆になっている(上の前歯よりも下の前歯が前に出ている)状態の不正咬合です。

混合歯列期(小児)の治療例

混合歯列期(小児)の治療例混合歯列期(小児)の治療例

<治療に使われた矯正装置>
混合歯列期(小児)の治療例リンガルアーチ:
歯の裏側につけて、奥歯を固定源にしてバネの弾力を利用し、歯を動かす装置です。

混合歯列期(小児)の治療例チンキャップ:
下顎の骨の前下方への発育を抑えるための装置です。顎あてを帽子でささえていて、自分で取り外して使用します。

混合歯列期(小児)の治療例ツーバイフォー:
奥歯を固定源として、前歯をワイヤーで連結して動かすための装置です。



永久歯列期(成人)抜歯

永久歯列期(成人)永久歯列期(成人)

<治療に使われた矯正装置>
永久歯列期(成人)マルチブラケット:
歯につけたブラケットをワイヤーで連結して、1つ1つの歯を3次元的に移動させる装置です。



永久歯列期(成人)非抜歯

永久歯列期(成人)永久歯列期(成人)

<治療に使われた矯正装置>
永久歯列期(成人)クアドへリックス:
バネの力により、上の歯列の幅を拡げてスペースをつくる目的で使用する装置です。

永久歯列期(成人)マルチブラケット:
歯につけたブラケットをワイヤーで連結して、1つ1つの歯を3次元的に移動させる装置です。

症例一覧へ戻る

トップへ » 受け口の方(下顎前突)



TOP