トップへ » 過蓋咬合の小児症例(混合歯列期)

過蓋咬合の小児症例(混合歯列期)

咬み合わせが深い方(過蓋咬合)咬み合わせが深い方(過蓋咬合)
上の前歯が下の前歯に深く被さっている咬み合わせで、下の前歯が上の前歯で全部隠れて見えないこともあります。あごが自由に動かず、あごの関節に負担がかかってダメージを受けることもあります。

混合歯列期(小児)の治療例

混合歯列期(小児)の治療例
混合歯列期(小児)の治療例

<治療に使われた矯正装置>
混合歯列期(小児)の治療例ヘッドギア:
奥歯を後方へ移動し、スペースをつくるために使う装置です。

混合歯列期(小児)の治療例ツーバイフォー:
奥歯を固定源として、前歯をワイヤーで連結して動かすための装置です。

症例一覧へ戻る

トップへ » 過蓋咬合の小児症例(混合歯列期)



TOP