トップへ » 空隙歯列の小児症例(混合歯列期)

空隙歯列の小児症例(混合歯列期)

歯と歯の間に隙間が見られる方(空隙歯列)歯と歯の間に隙間が見られる方(空隙歯列)
空隙歯列(くうげきしれつ)は一般に「すきっ歯」と呼ばれる歯並びで、歯と歯の間があいているケースをいいます。あごの大きさに対して、歯のサイズが小さい、先天的に歯の本数が足りない、舌が大きい、舌を前に出す癖などが原因に挙げられます。

混合歯列期(小児)の治療例

混合歯列期(小児)の治療例
混合歯列期(小児)の治療例

<治療に使われた矯正装置>
混合歯列期(小児)の治療例ヘッドギア:
奥歯を後方へ移動し、スペースをつくるために使う装置です。

混合歯列期(小児)の治療例ツーバイフォー:
奥歯を固定源として、前歯をワイヤーで連結して動かすための装置です。

症例一覧へ戻る

トップへ » 空隙歯列の小児症例(混合歯列期)



TOP