トップへ » 開咬の小児症例(混合歯列期)

開咬の小児症例(混合歯列期)

上下の歯が咬んでいない方(開咬)上下の歯が咬んでいない方(開咬)
奥歯が咬み合っているのに前歯が咬み合わない、上下のあごの垂直的な歯列不正を開咬といいます(奥歯が開いているケースもあります)。話すときに息が漏れて発音がうまくいかず、聞き取りにくい言葉になることもあります。

混合歯列期(小児)の治療例

混合歯列期(小児)の治療例
混合歯列期(小児)の治療例

<治療に使われた矯正装置>
混合歯列期(小児)の治療例モノブロック:
上下のあごの成長をコントロールするための装置です。舌の突出癖など、悪習癖を防ぐこともできます。自分で取り外して使用します。

症例一覧へ戻る

トップへ » 開咬の小児症例(混合歯列期)



TOP