トップへ » 開咬の成人症例(永久歯列期)

開咬の成人症例(永久歯列期)

上下の歯が咬んでいない方(開咬)上下の歯が咬んでいない方(開咬)
奥歯が咬み合っているのに前歯が咬み合わない、上下のあごの垂直的な歯列不正を開咬といいます(奥歯が開いているケースもあります)。話すときに息が漏れて発音がうまくいかず、聞き取りにくい言葉になることもあります。

永久歯列期(成人)抜歯

永久歯列期(成人)
永久歯列期(成人)

<治療に使われた矯正装置>
永久歯列期(成人)マルチブラケット:
歯につけたブラケットをワイヤーで連結して、1つひとつの歯を3次元的に移動させる装置です。


永久歯列期(成人)抜歯

永久歯列期(成人)
永久歯列期(成人)

<治療に使われた矯正装置>
永久歯列期(成人)ヘッドギア:
大臼歯の後方への移動や上あごの成長を抑えるために使う装置です。主に上顎前突の治療に用いられます。

永久歯列期(成人)タングクリブ:
舌の力が前歯にかからないようにするための装置です。舌が前に出る癖を防止します。

永久歯列期(成人)マルチブラケット:
歯につけたブラケットをワイヤーで連結して、1つひとつの歯を3次元的に移動させる装置です。

症例一覧へ戻る

トップへ » 開咬の成人症例(永久歯列期)



TOP