トップへ » 医院について » 院内ツアー » 歯科用CTシステム(3Dデジタルレントゲン)

歯科用CTシステム(3Dデジタルレントゲン)

デジタルレントゲン

胸のレントゲンなどを撮るのに比べ、歯は面積が小さいので被爆量はほとんどありません。加えて、デジタルレントゲンを使用することによって、その被爆量をさらに1/5程度にまで削減することができます。また、デジタル操作により撮影画像を拡大できるので、より綿密な治療計画を立てることができます。

デジタルレントゲン

当院では、デジタルレントゲンの中でも最も被爆量の少ないワンショットセファロを導入しております。ワンショットセファロは、画像をそのままの大きさで撮影するので、よりクリアーな画像で誤診を防ぎます。また、撮影時間も0.5秒と短く、じっとしているのが苦手なお子さんでも安心です。

レントゲン


トップへ » 医院について » 院内ツアー » 歯科用CTシステム(3Dデジタルレントゲン)



TOP