トップへ » 治療について » より高度な矯正方法(インプラント矯正) » インプラント矯正(Temporary Anchorage Device: TAD)とは

インプラント矯正(Temporary Anchorage Device: TAD)とは

生体親和性の高いチタン合金製のスクリューを矯正歯科治療の期間中に一時的にあごの骨に埋め込み、それを歯を移動させるための固定源として用いることにより、これまで困難とされていた歯の移動を可能とします。治療期間の短縮、外科的なアプローチが必要な治療を矯正歯科単独での治療にする、歯を抜かない適応例の拡大、患者さんの治療への協力度を最小限に済ませることができるなどのメリットがある、新しい矯正歯科治療です。

一般的にインプラントといえば、歯がなくなった場所にチタン合金製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着し、天然の歯と同様に機能させる治療をいいます。よって、矯正歯科治療で使用するインプラントと前述の補綴用のインプラントとは異なります。

インプラント矯正が生まれた背景
通常の矯正歯科治療では、ワイヤーで結ばれた歯と歯がお互い綱引きすることによって移動していき、歯並び・咬み合わせが整っていきます。インプラント矯正では、顎の骨に埋め込んだスクリューを固定源として歯を引っ張って移動させていくのです。インプラントスクリューを支点として歯を移動させると、綱引きの反作用で奥歯が前に動いてしまうようなこともありません。

また、通常の手法では歯とワイヤーのある部分からしか固定源が得られませんでした。インプラント矯正の場合、しっかりとしたあごの骨の部分なら比較的自由に固定源を求めることができるため、困難な部位への歯の移動ができるようになったのです。

インプラント矯正のメリット・デメリット
<メリット>
・治療の確実性が増すため、治療期間は従来より短くなる傾向があります。
・装着しなければならない矯正装置を減らし、患者さんの協力度を最小限にとどめ、治療中のストレスを軽減させます。
・確実な固定源を確保することにより、歯を抜かずに矯正できる可能性が広がります。
・外科的なアプローチが必要なケースを、矯正歯科単独での治療にできる可能性が広がります。

<デメリット>
・インプラントを埋め込むための手術が必要です。
・術後にインプラント周囲を清潔にしていないと、歯肉炎などの感染を起こす場合があります。
・スクリューが脱落した場合、違う部位に再度埋入する必要があります。


トップへ » 治療について » より高度な矯正方法(インプラント矯正) » インプラント矯正(Temporary Anchorage Device: TAD)とは



TOP