トップへ » 治療について » 治療の流れ » 【2】精密検査 約60〜90分

【2】精密検査 約60〜90分

精密検査では、診断・治療方針を決定するために必要な資料を集めます。不正咬合の診断、治療方針を決定するための重要な検査ですので、予約制にて60~90分ほどのお時間をいただいております。精密検査には、一般検査と必要に応じて追加される検査があります。

▼精密検査の項目
・問診
・口腔内診査
・顔面写真、口腔内写真
・矯正歯科治療学的検査
・口腔内印象(歯の型)採得、咬合採得
・レントゲン検査
 頭部X線規格写真(セファロ側貌・正貌)、パノラマX線写真、デンタルX線写真、顎関節X線写真

▼追加検査の項目
・カリエスリスク検査
・顎運動機能検査
・CTレントゲン検査
・セットアップモデル(治療後の予測模型)

採取した資料を詳しく分析して治療方針を決めますので、検査結果については約4週間後の診断の際にお話しさせていただきます。
2. 精密検査


トップへ » 治療について » 治療の流れ » 【2】精密検査 約60〜90分



TOP