トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない矯正歯科治療 » 当院の「痛みを減らすための取り組み」

当院の「痛みを減らすための取り組み」

弱い力で歯を動かす痛みを減らすための取り組み
当院では、治療初期には弱い力のワイヤーを使用し、不快症状の予防をしております。こうすることで、症状の度合いが少なく、あまり強い痛みを感じることがありません。

セルフライゲーティングシステムの活用
従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットをゴムや細いワイヤーで固定しないため、ワイヤーとブラケットの間にゆとりが生まれて摩擦抵抗が少なくなります。摩擦抵抗が少なくなることにより弱い力で効果的に歯を移動できるので、矯正歯科治療中の痛みの軽減と治療期間の短縮ができます。また、舌側矯正(裏側からの矯正)でも、「クリッピーL」というセルフライゲーションブラケットを使用していますので、痛みの少ない舌側矯正を受けられます。

体に優しい形状記憶合金を使ったワイヤー
装置に使用するワイヤーは、形状記憶合金でできた体に優しいものを使用しております。形状記憶合金が持つ性質を利用して、優しい力でゆっくりと歯を動かしていきます。それでも人によって痛み・不快感が出る方もいらっしゃいます。こうした症状は数日続くことがありますが、2~3日で消失しますので、どうぞご安心ください。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない矯正歯科治療 » 当院の「痛みを減らすための取り組み」



TOP